忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/12 13:19 |
携帯電話について、この頃思うこと
携帯電話について、この頃思うこと。

最近、携帯を買い換えていないで古い機種を不満そうに使っている人、いますよね。

以前は携帯の機器代が本当に安くて、0円だの1円だのほとんど無料状態だったのが、例の「ソフトバンク」の広告事件以来、一転して機器代が5万だの6万だのするようになりました。

電話会社曰くその分通信料を安くしていますと言いますが、実感として安くなったと感じますか?機器代も分割で払わなければいけないし、何より2年間の”縛り”が利用者に重くのしかかってきて、2年間以前の解約は、1万から3万円の違約金を取られる仕組みですので、機種変更が出来ない状態です。

auの話ですが、「誰でも割」というのがあるんですが、あれも2年間解除しないというのが条件になっています。しかし意外と知られていないのが、契約更新の月が決められていることです。それは2年間と言うのに関係なく該当年の3月に手続きをしないと、そのまま自動的に継続になるというものです。

つまり他の月に解約すれば違約金として、何万もとられるのです。 これは携帯会社もあまり強く教えてはくれません。聞けば教えますという程度です。消費者だましと言ってもいいくらい不親切です。

MNP「番号そのままで他社への移行」で大々的にキャンペーンをはった携帯会社ですが、auに限らずあの手この手の”縛り”で、携帯会社に行って聴いてみてください。980円ですが何ヶ月間は、この料金の付加サービスを加入することが条件ですとか、平然とどの会社もそういうことを言いますよ。

わたしもMNPでauからソフトバンクに変更したのですが、ソフトバンクは料金が安いようで”高い”ことがわかり、即解約してauに戻しましたが結局先に述べた、誰でも割の途中解約金と、両方の携帯会社の事務手数料などがかかり、変えなければよかったと後悔しています。

携帯会社も競争ですからわからないでもないのですが、結果として携帯を製造している”メーカー”の売り上げが落ちて三菱など携帯部門から撤退した企業もあります。

このままじゃだめだと思ったのか、最近になって、販売店に対してまた携帯会社の”奨励金”が出るようになったらしく、auなど2年縛りの機器違約金がなくなり、機種変更がしやすくなりました。機器代も分割ですが、以前よりは安くかえるようになりました。 しかし”縛り”は健在ですので、よく説明を聞いて買った方がいいと思いますよ。







PR



2009/04/26 18:13 | Comments(0) | TrackBack(0) | 携帯電話

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<オバマ大統領の携帯電話 | 携帯価格比較情報サイト HOME | KDDIソーラパネル搭載携帯電話6月発売>>
忍者ブログ[PR]